EVENT/INFO
斉と公平太によるプロジェクト「小原和紙を使った直径5メートルの太鼓」映像公開
小原和紙を使った直径5メートルの太鼓

斉と公平太さんのプロジェクト「小原和紙を使った直径5メートルの太鼓」では、豊田市の小原地区で作られている「小原和紙」を使用し、5メートル太鼓の制作をする様子を映像作品にして公開しています。
企画者である斉とさんは現代美術家であり、「オカザえもん」の作者として知られています。
 
作品は二部構成で前編は斉とさんが太鼓を設計をするところから始まります。
太鼓を完成させるために、様々な素材で制作実験する過程がリアルに見ることができて面白いです。
その後は実際に小原地区を訪れ、小原和紙をリサーチした様子が公開されています。
映像の中では、小原和紙の制作体験ができる「和紙のふるさと」や施設の周辺情報も紹介されており、斉とさんが小原をリポートしています。
ちょっとした日帰り旅行の様な小原リサーチ。
豊かな自然やお食事処など小原を訪れた方なら共感できるかもしれませんね。
 
後編ではリサーチをもとに実際に小原和紙を使って製作した巨大な太鼓の姿が明らかになります。
設計段階だった太鼓が製作チームの手によって形になっていく様子は圧巻です。完成した太鼓は豊田在住のプロドラマーによって演奏され、音からもその迫力が伝わってきます。
今回は映像作品としての公開ですが、実際に制作された太鼓を見てみたくなりました。

小原和紙を使った直径5メートルの太鼓

日時:2020年12月15日(火)から公開中
場所:YouTubeチャンネル「斉と公平太の苦肉の策チャンネル」
参加費:無料

主催:斉と公平太
後援:豊田市
とよたデカスプロジェクト2020入選プロジェクト

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
人と人を紡いでいく 羊毛作家「ひつじ工房Meadow&sheep」 須賀いづみさん
人と人を紡いでいく 羊毛作家「ひつじ工房Meadow&sheep」 須賀いづみさん
前回のガラス作家・岩月直美さんからのご紹介で、インタビュー5人目は「ひつじ工房 Meadow&sheep」の須賀いづみさんです。須賀さんはニュージーランドの牧場から羊毛を仕入れ、ナチュラルカラーや染色…
EVENT/INFO
EVENT/INFO
とよたのアートマネージャーを育成するプログラムを実施
とよたのアートマネージャーを育成するプログラムを実施
「とよたまちなか芸術ラボ」は、アート分野における次世代の実践者(活動の企画運営者となる人材)の創出を目的とした講座で、現在研究生を募集しています。ラボは、基礎講座、応用講座、実践講座の三部構成になって…
UP COMING
4.3 sat - 6.20 sun
ヨーゼフ・ボイスとその教え子ブリンキー・パレルモの二人展が豊田市美術館で開催
ヨーゼフ・ボイスとその教え子ブリンキー・パレルモの二人展が豊田市美術館で開催
写真上:ヨーゼフ・ボイス《そして我々の中で…我々の下で…大地は下に》1965年のアクション  bpk | Sprengel Museum Hannover, Archiv Heinric…
6.2 wed / 7.15 thu
気軽にクラシック音楽が楽しめるワンコインコンサートが開催
気軽にクラシック音楽が楽しめるワンコインコンサートが開催
クラシックに興味はあるけれど、なんとなく敷居が高くって…と足が遠のいてしまう。そんな方に立ち寄っていただきたいのがこの『か~るくラシック』。今回の『か~るくラシック』は夜をおしゃれに彩る1…
6.3 thu - 6.12 sta
洗濯ばさみから生まれる芸術作品
洗濯ばさみから生まれる芸術作品
愛知県立芸術大学の名誉教授である山本富章さんが、令和元年度に豊田市芸術選奨を受賞されました。今回開催される「山本富章展 ―Bugs and Rings―」は、受賞記念展として開催されるもの…