EVENT/INFO
EVENT | 生誕150年 モンドリアン展が豊田市美術館で開催
生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて

オランダ生まれの画家、ピート・モンドリアンの生誕150年を記念する展覧会です。
1872年に生まれ、20世紀を代表する画家のひとりと言われています。
こちらの作品をみると、「あ、見たことある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 


《大きな赤の色面、黄、黒、灰、青色のコンポジション》
1921年 

 
しかし、モンドリアンがこのような抽象的な作品を描き出したのは40代半ばから。
それまでは、オランダの風車や砂丘、教会や花など、多くの風景画を手掛けていました。
 
《ドンブルグの教会塔》 1911年

《砂丘Ⅲ》
1909年

 
そうした風景画をはじめとした初期の作品から、単純化、抽象化していった晩年の作品まで、モンドリアンの画風が変化していく変遷をたどることができる展覧会です。
 
 
※掲載作品はすべてピート・モンドリアン
所蔵及び画像提供:デン・ハーグ美術館(Kunstmuseum Den Haag)
※同時開催:「寺内曜子 パンゲア」「コレクション展:ひとつの複数の世界」

生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて

日時:2021年7月10日(土)-9月20日(月・祝)10:00-17:30(入場は17:00まで)
場所:豊田市美術館(豊田市小坂本町8丁目5番地1)
観覧料:一般1,400円、高校・大学生1,000円

主催:豊田市美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知
共催:中日新聞社
後援:オランダ王国大使館、FM AICHI、ZIP-FM
協力:KLMオランダ航空
企画協力:NTVヨーロッパ

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING