EVENT/INFO
EVENT | 生誕150年 モンドリアン展が豊田市美術館で開催
生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて

オランダ生まれの画家、ピート・モンドリアンの生誕150年を記念する展覧会です。
1872年に生まれ、20世紀を代表する画家のひとりと言われています。
こちらの作品をみると、「あ、見たことある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 


《大きな赤の色面、黄、黒、灰、青色のコンポジション》
1921年 

 
しかし、モンドリアンがこのような抽象的な作品を描き出したのは40代半ばから。
それまでは、オランダの風車や砂丘、教会や花など、多くの風景画を手掛けていました。
 
《ドンブルグの教会塔》 1911年

《砂丘Ⅲ》
1909年

 
そうした風景画をはじめとした初期の作品から、単純化、抽象化していった晩年の作品まで、モンドリアンの画風が変化していく変遷をたどることができる展覧会です。
 
 
※掲載作品はすべてピート・モンドリアン
所蔵及び画像提供:デン・ハーグ美術館(Kunstmuseum Den Haag)
※同時開催:「寺内曜子 パンゲア」「コレクション展:ひとつの複数の世界」

生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて

日時:2021年7月10日(土)-9月20日(月・祝)10:00-17:30(入場は17:00まで)
場所:豊田市美術館(豊田市小坂本町8丁目5番地1)
観覧料:一般1,400円、高校・大学生1,000円

主催:豊田市美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知
共催:中日新聞社
後援:オランダ王国大使館、FM AICHI、ZIP-FM
協力:KLMオランダ航空
企画協力:NTVヨーロッパ

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT | 古いものにしかない魅力を伝えたいという想いで始まった築100年の古民家「樹木荘」について発起人の六鹿崇文さんにインタビュー
REPORT | 古いものにしかない魅力を伝えたいという想いで始まった築100年の古民家「樹木荘」について発起人の六鹿崇文さんにインタビュー
今回は、豊田市樹木町にある樹木荘のリノベーションを発起した六鹿崇文さんに、築100年の古民家を選んだ理由や樹木荘のコンセプト、今後の展開などお話を伺ってきたので紹介します。   樹木荘と…
EVENT/INFO
EVENT/INFO
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
胡桃手提げ籠・山葡萄手提げ籠 上村健三   「美しき手仕事」をテーマに、豊田市民芸館が近年収集した手工芸品や寄贈を受けた資料を中心に紹介します。 第一民芸館では、日本民藝館展(年に一度…
UP COMING
2024.4.2 tue - 5.31 fri
INFO | とよた+アート=デカス?! あなたの思う「とよた」をアートで伝えてみよう!
INFO | とよた+アート=デカス?! あなたの思う「とよた」をアートで伝えてみよう!
「とよたデカスプロジェクト」は、豊田市内で行うアートプロジェクトの企画案を募集し、その実施をサポートしている事業です。 今年で11回目を迎え、これまで100を超えるプロジェクトが実施され…
2024.4.9 tue - 6.30 sun
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
胡桃手提げ籠・山葡萄手提げ籠 上村健三   「美しき手仕事」をテーマに、豊田市民芸館が近年収集した手工芸品や寄贈を受けた資料を中心に紹介します。 第一民芸館では、日本民藝館…