EVENT/INFO
EVENT | 「コト」の現れとしての「彫刻」を表現する作家・寺内曜子
寺内曜子 パンゲア

寺内曜子 《Red Square #3》 1986年
 
寺内曜子さんは、1954年生まれ。
女子美術大学芸術学部で彫刻を学び、研究科を修了した後、1970年代末にイギリスに渡りました。
約20年にわたるイギリスでの作家活動ののちに帰国した寺内さんは、東京や愛知を中心に活動し、現在は愛知県立芸術大学の名誉教授です。
 
「パンゲア」は寺内さんの作品のタイトルで、大陸移動説において大陸が現在のように分裂する以前の、一つの大陸だったときの姿に与えられた名前に由来しています(パン=全ての+ガイア=大地)。
今やその全貌を知ることができない大陸の名前を使うことで、寺内さんが考えてこられた「私たちの認識がいかに不確かで部分的、一面的に過ぎないか」ということを象徴的に表しています。
 
「パンゲア」は展示室を一室使ったインスタレーション作品で、この機会にしか見ることができません。
「モノ」として制作・展示される従来の「彫刻」に疑問を持ち、「コト」を具現化したものとしての「彫刻」に取り組んでこられた寺内さんの作品をぜひ体感してください。

寺内曜子 パンゲア

日時:2021年7月10日(土)-9月20日(月・祝)10:00-17:30(入場は17:00まで)
場所:豊田市美術館(豊田市小坂本町8丁目5番地1)
観覧料:一般300円、高校・大学生200円

主催:豊田市美術館

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT | 古いものにしかない魅力を伝えたいという想いで始まった築100年の古民家「樹木荘」について発起人の六鹿崇文さんにインタビュー
REPORT | 古いものにしかない魅力を伝えたいという想いで始まった築100年の古民家「樹木荘」について発起人の六鹿崇文さんにインタビュー
今回は、豊田市樹木町にある樹木荘のリノベーションを発起した六鹿崇文さんに、築100年の古民家を選んだ理由や樹木荘のコンセプト、今後の展開などお話を伺ってきたので紹介します。   樹木荘と…
EVENT/INFO
EVENT/INFO
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
胡桃手提げ籠・山葡萄手提げ籠 上村健三   「美しき手仕事」をテーマに、豊田市民芸館が近年収集した手工芸品や寄贈を受けた資料を中心に紹介します。 第一民芸館では、日本民藝館展(年に一度…
UP COMING
2024.4.2 tue - 5.31 fri
INFO | とよた+アート=デカス?! あなたの思う「とよた」をアートで伝えてみよう!
INFO | とよた+アート=デカス?! あなたの思う「とよた」をアートで伝えてみよう!
「とよたデカスプロジェクト」は、豊田市内で行うアートプロジェクトの企画案を募集し、その実施をサポートしている事業です。 今年で11回目を迎え、これまで100を超えるプロジェクトが実施され…
2024.4.9 tue - 6.30 sun
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
胡桃手提げ籠・山葡萄手提げ籠 上村健三   「美しき手仕事」をテーマに、豊田市民芸館が近年収集した手工芸品や寄贈を受けた資料を中心に紹介します。 第一民芸館では、日本民藝館…