EVENT/INFO
EVENT | アートでよみがえる とよたの農村舞台群
農村舞台アートプロジェクト2021

2010年からはじまった「農村舞台アートプロジェクト」。
昨年は中止となり、今回で11回目を迎えます。
今年は、「豊田国際紙フォーラム」とのパートナーシップ事業として、小原地区4ヶ所の農村舞台で“紙”に特化したアート作品の展示が行われます。
 
豊田市の山間部の歴史とともに、アート作品を楽しめるプロジェクトです。
 
 
〈招待作家〉

かのうともみひさし(小原地区在住・和紙工芸家)
加納登茂美・恒の夫婦で小原和紙での作品制作を行っている。
展示場所:豊田市永太郎町字宮口590【神明神社】
 
 

坂田純(神奈川県・現代美術家)
生け花の家元ながら現代美術に惹かれ30代から和紙を使った作品を手掛ける。
展示場所:豊田市小原田代町ナギノト580【八幡神社】
 
 
〈公募作家〉

青木崇(大阪府・建築士/美術家)
建築設計に従事する一方でデザイン、現代美術の領域においても活動中。光と影、風、雨など身近な自然をテーマに作品を制作している。
展示場所:豊田市小原町森下476【賀茂原神社】
 
 

河合進(大阪府・デザイナー)
地域に暮らす人々の顔をモチーフに、展示場所に合わせたアイデアを加え、作品を制作している。
展示場所:豊田市大坂町宮の洞150【熊野神社】

農村舞台アートプロジェクト2021

日時:2021年9月14日(火)-25日(土)10:00-17:00
場所:豊田市小原地区各所
参加費:無料
問合せ:公益財団法人豊田市文化振興財団

 
主催:公益財団法人豊田市文化振興財団
主管:農村舞台プロジェクトチーム
後援:豊田市
協力:大草地区、小原中自治区、高原自治区、豊田国際紙フォーラム実行委員会

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING