EVENT/INFO
INFO | 哲学者・千葉雅也と芥川賞作家・町屋良平が豊田市中央図書館主催のオンラインイベントで初対談!「小説を書くこと。そしてピアノについて」
千葉雅也+町屋良平「小説を書くこと。そしてピアノについて」

哲学者の千葉雅也さんは、初めての小説『デッドライン』で野間文芸新人賞を受賞、『マジックミラー』で川端康成文学賞を受賞し、最新長編『オーバーヒート』で第165回芥川賞候補になりました。
千葉さんにとって小説を書くことはどういう行為なのでしょうか。
『1R1分34秒』で第160回芥川賞を受賞した町屋良平さんと語りあっていただきます。
 
また、幼い頃からピアノを弾いていて、ご自身のブログでは「ピアノを弾く身体」という連載もされている千葉さんと、『ショパンゾンビ・コンテスタント』というピアニストが主人公の著作がある町屋さん。
お二人のもう一つの共通点である「ピアノ」についても語っていただきます。
小説やピアノに限らず、生活に表現活動を取り入れることに興味がある方もぜひご参加ください。
あわせて10月の一か月間、豊田市中央図書館4階エスカレーター前でお二人が選んだ「影響を受けた本」などを集めた展示を開催します。
(豊田市中央図書館広報:熊谷充紘)
 

千葉雅也(©新潮社)

町屋良平

千葉雅也+町屋良平「小説を書くこと。そしてピアノについて」

日時:10月24日(日)17:00-18:30
場所:Zoom(オンラインイベント)
参加費:無料
申込方法:図書館ホームページから。定員は抽選で100名。受付期間は10月10日(日)まで。
詳しくはコチラ
※豊田市在住・在勤・在学の方を優先し抽選。当選者のみ10月15日(金)までに連絡します。
 
※事前にZoomアプリをダウンロードしてください。
当選連絡とZoom登録後にメールが届きますので、受信設定の確認をお願いいたします。

 
主催:豊田市中央図書館

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING