EVENT/INFO
EVENT | 久門剛史による国内初の大規模な個展が会期を延長して開催中
久門剛史 らせんの練習

久門剛史による国内初の大規模な個展が、豊田市美術館で開催中。タイトルにある螺旋の構造をなぞるように展示室が配置されている豊田市美術館の建築。
その個性的な4つの展示室を使い、それぞれの場に呼応する新作のインスタレーションを発表しています。
 
久門の作品は、音や光、身の回りの物などの断片を使い、モノに潜在する「永遠性」と「唯一性」について問いかけ、国内外で高く評価されています。
社会が混沌としている状況の中でも、物事を美しいと思える態度を揺ぎなく示し続けてきた久門剛史の世界をのぞいてみてはいかがでしょう?

久門剛史 らせんの練習

日時:2020年3月20日(金・祝)~9月22日(火・祝)
場所:豊田市美術館(豊田市小坂本町8丁目5番地1)
 
写真:《Force》2020,《Quantize #7》2020,《らせんの練習》2013
※撮影・来田猛
 
※同時開催中
開館25周年記念コレクション展VISION part1『光について/光をともして』

主催:豊田市美術館
共催:中日新聞社

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT | 博物館は「ヴンダーカンマー(驚異の部屋)」!?
REPORT | 博物館は「ヴンダーカンマー(驚異の部屋)」!?
未完の始まり:未来のヴンダーカンマー 豊田市美術館が日々の散歩コースのなかにある私にとって、美術館は、特別敷居が高い場所ということもなく、スマホケースに年パス(お得な豊田市美術館年間パスポート)を入…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT | 豊田市の神社を巡るシリーズ#3 挙母神社の狛犬たち
REPORT | 豊田市の神社を巡るシリーズ#3 挙母神社の狛犬たち
豊田市民にとって最初に思いつく神社といえば「挙母神社」ではないでしょうか。豊田市の中心街にあり、敷地も広くて、なにより豊田市の旧市名である挙母という名の神社です。   そんな挙母神社です…
UP COMING