EVENT/INFO
EVENT | 久門剛史による国内初の大規模な個展が会期を延長して開催中
久門剛史 らせんの練習

久門剛史による国内初の大規模な個展が、豊田市美術館で開催中。タイトルにある螺旋の構造をなぞるように展示室が配置されている豊田市美術館の建築。その個性的な4つの展示室を使い、それぞれの場に呼応する新作のインスタレーションを発表しています。

久門の作品は、音や光、身の回りの物などの断片を使い、モノに潜在する「永遠性」と「唯一性」について問いかけ、国内外で高く評価されています。社会が混沌としている状況の中でも、物事を美しいと思える態度を揺ぎなく示し続けてきた久門剛史の世界をのぞいてみてはいかがでしょう?

久門剛史 らせんの練習

日 時:2020年3月20日(金・祝)~9月22日(火・祝)
場 所:豊田市美術館(豊田市小坂本町8丁目5番地1)

写 真:《Force》2020,《Quantize #7》2020,《らせんの練習》2013
※撮影・来田猛

※同時開催中
開館25周年記念コレクション展VISION part1『光について/光をともして』

主 催:豊田市美術館
共 催:中日新聞社

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING