EVENT/INFO
EVENT | 和紙と日本画による親子二人展
まぶたのうらの色

「目を閉じればいつでも思い出せる、お気に入りの色=まぶたの裏の色」をテーマにした展覧会が、豊田市駅前コモスクエアにある珈琲香房楽風(らふ)内のギャラリー欅で開催されます。
 
川澄直子さん、川澄綾子さん親子の二人展で、和紙と日本画の作品が展示予定です。
展示作品のほとんどは額装ではなくパネル仕立てになっており、ガラスを挟まず、より近くで和紙や岩絵具の素材感を感じることができます。
 
 
〈プロフィール〉

川澄 直子
1957年 愛知県生まれ
1981年 新潟大教育学部美術科卒
     豊田市内中学校に就職
2018年 定年退職
     宮の洞工房で和紙画受講
  10月から朝日カルチャーセンターで日本画受講
K-TEN.25 豊田市民文化会館
2019年 半田運河を描く展 大賞
     全国和紙画展 入選
     川澄直子 川澄綾子 親子展 邂逅 ―和紙と日本画― 半田 旧中埜半六邸
     K-TEN.26 豊田市民文化会館
2020年 全国和紙画展 金賞
2021年 全国和紙画展 大賞
K-TEN.27 豊田市美術館ギャラリー
 

川澄 綾子
愛知県豊田市出身 名古屋市守山区在住
2008年 愛知教育大学生涯教育課程造形文化コース漆芸専攻卒
2008-2016年 豊田市小原和紙のふるさと和紙工芸館 勤務
2009-2019年 K-TEN.16-26/豊田市美術館ギャラリー他
2010年 川澄綾子 李美怜 二人展(ワークショップ 漆でお椀をデコっちゃおう)/刈谷 スペースAqua
2011年 うるしべや ―漆の造形3人展―/豊田市美術館ギャラリー
2012年 第3回会津・漆の芸術祭 ―地の記憶 未来へ― 参加型作品 ウルシオール/福島 会津
2012・2013年 第25・26回全国和紙画展 入選/岐阜 美濃和紙の里会館
2014年 日本・スイス国交樹立150周年記念事業 OBARA WASHI展/スイス バーゼル製紙博物館(Basler Papierm.hle)
2017年 第3回世界工芸トリエンナーレ2017金沢・世界工芸コンペティション 入選/石川 金沢
2019年 川澄直子 川澄綾子 親子展 邂逅 ―和紙と日本画―/半田 旧中埜半六邸
2020年 とよたアートマルシェ/豊田市民文化会館
    とよたまちなか芸術祭/豊田画廊
2021年 K-TEN.27/豊田市美術館ギャラリー

まぶたのうらの色

日時:2021年10月5日(火)-10日(日)9:00-18:00
※最終日17:00まで
場所:ギャラリー欅(豊田市喜多町2-160 コモ スクエアW1F 珈琲香房楽風内)
参加費:無料

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING