EVENT/INFO
EVENT | 妖怪が展示室を闊歩する?! シンガポールのアーティスト、ホー・ツーニェンが妖怪をとおして日本をみつめた展覧会が開催中
ホー・ツーニェン「百鬼夜行」

1976年シンガポール生まれのアーティスト、ホー・ツーニェンさんの個展が豊田市美術館で開催されています。
 

ホー・ツーニェン 《狐(百鬼夜行)》 2021年 ©️Ho Tzu Nyen

タイトルは《百鬼夜行》。
“奇怪かつ滑稽な100の妖怪たちが歴史絵巻のように闇を練り歩く”という紹介文にあるように、アニメ化された妖怪が歩く映像から展示は始まります。
その後の各展示室も映像作品で構成され、第二次世界大戦中にマレーで活動した日本人が妖怪の姿を借りて登場したり、「マレーの虎」と呼ばれた二人の日本人が登場したり、順を追うごとに展覧会の本質に迫っていく構成になっています。
 
ホー・ツーニェン《(旅館アポリア)》2019年 Photographed by Tololo Studio

さらに12月4日(土)からは、産業文化センター内にある喜楽亭で《旅館アポリア》という作品も展示されます。
この作品は、2年前に開催された「あいちトリエンナーレ2019」に出品され、大変好評だったため、今回の個展に合わせての再展示されることになりました。
ぜひ併せてご覧ください。

ホー・ツーニェン「百鬼夜行」

日時:2021年10月23日(土)-2022年1月23日(日)
10:00-17:30(入場は17:00まで)
※月曜日休館(ただし1月10日は開館)、年末年始(2021年12月27日-2022年1月4日)
場所:豊田市美術館
参加費:一般/1,000円、高校・大学生/800円、中学生以下/無料
※その他、観覧料の減免対象および割引については豊田市美術館のウェブサイトをご確認ください。

 
主催:豊田市美術館
共催:中日新聞社
助成:芸術文化振興基金
 
◆《旅館アポリア》
日時:2021年12月4日(土)-2022年1月23日(日)
10:00-16:30(入場は16:00まで)
※月曜日休館(ただし1月10日は開館)、年末年始(2021年12月27日-2022年1月4日)
会場:喜楽亭(豊田産業文化センター内 豊田市小坂本町1-25)
入場料:無料
主催:(公財)豊田市文化振興財団文化事業課

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING