EVENT/INFO
EVENT | 川柳に込められた人の想いが演劇に
第6回とよた演劇祭 ものす舞台

豊田の演劇を活性化すべく始まった「とよた演劇祭」。
今回のテーマは「川柳」と「人生の取材」。
 
公募で集まったシニア世代4名に川柳を詠んでもらい、それに込められた想いやバックグラウンドを出演者自らが取材、そこから即興で演劇を創り上げると言う野心的な演目に挑戦しました。
 
タイトルである「ものす舞台」の「ものす」とは「①いる。ある。②行く。来る。③生まれる。死ぬ。」という意味を持ちます。
また川柳を詠むことを「ものす」とも表します。
シニア世代の方の人生が詰まった一句からどんな、「ものす」が生まれたのでしょうか。
ぜひ会場でご覧ください。
 
(とよた演劇祭実行委員会事務局 加藤)

第6回とよた演劇祭 ものす舞台

日時:2021年12月18日(土)19:00-・19日(日)12:00-、15:00-
場所:豊田市民文化会館 大会議室
参加費:一般2,200円、高校生以下1,000円
申込方法:豊田市民文化会館内窓口、もしくは、カルテットオンライン
※18日19:00回は完売しました。
 
出演:いっこ、稲葉収治、井上由貴、尾澤優、久蓮石映次(電光石火一発座)、杉本あかね(劇団栞ちゃんのしおり)、長尾みゆき、永坂文乃、村松静葉
写真:松下智美
詳細はコチラから→https://toyotaengekisai.jimdofree.com/

 
主催:とよた演劇祭実行委員会
共催:(公財)豊田市文化振興財団、とよた演劇協会
後援:豊田市

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING