EVENT/INFO
EVENT | 「サンセット」と「サンライズ」から派生するイメージを手がかり に、豊田市美術館のコレクションを紹介する展覧会が開催
常設特別展 サンセット/サンライズ

  小林孝亘《Pillow》2021年

豊田市美術館で、常設特別展「サンセット/サンライズ」が開催されています。
「サンセット(日没、夕暮れ)」と「サンライズ(日の出、夜明け)」のテーマから広がる象徴的なイメージ(「眠り/目覚め」
「死/生」「終わり/始まり」「闇/光」など)をもとに豊田市美術館が所蔵するコレクション約120点が展示されています。
 
さらに同時開催として、小林孝亘氏の新作展「真昼」も開催されています。
小林氏は、1986年に愛知県立芸術大学美術学部油画科を卒業。
その後、文化庁の芸術家在外研修員としてバンコクに滞在するなど、意欲的に制作を続けていらっしゃいます。
同氏は、身のまわりのものを題材に、落ち着いた深みのある色合いと独特な構図をもつ絵画作品によって高い評価を受けています。
展示室には、小林氏の新作とともに、同氏が豊田市美術館のコレクションの中から「真昼」をテーマに選んだ作品が展示されます。
 
また特別連携展示として、「豊田市民芸館」、「豊田市民芸の森」の2か所でも小林氏の作品が展示されていますので、ぜひあわせてご覧ください。
 
 

小林孝亘《Portrait―resting cheeks in hands》2006年

丸山 直文《path 4》2005年

森 千裕《ヘッドルーム》2016年

常設特別展 サンセット/サンライズ

日時:2022年2月15日(火)-5月8日(日)10:00-17:30(入場は17:00まで)
※休館日:月曜日(3月21日は開館)
場所:豊田市美術館(豊田市小坂本町8丁目5番地1)
入場料:一般700円、高校・大学500円、中学生以下無料
※詳細情報はコチラから

 
主催:豊田市美術館
協力:西村画廊

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING