EVENT/INFO
EVENT | 旧家に伝わる「里帰り雛」などさまざまな雛人形を満開の桜と共に愛でる展覧会が開催
古橋家本宅新座敷を飾る小川珊鶴雛人形コレクション展

豊田市稲武地区で300年以上の歴史がある豪農・古橋家。
その本宅新座敷にて、雛人形の特別展示が開催されます。
展示されるのは、花道家でもある小川珊鶴(さんかく)氏がコレクションしている雛人形の数々と、古橋家七代目当主が明治32年に娘の嫁ぎ先で産まれた孫娘のために贈った雛人形です。
孫娘に贈られた雛人形は、古橋懐古館開館当時、約75年ぶりに「実家に里帰り」し、今回展示されます。
 

古橋家本宅新座敷

 
4月上旬桜の季節。
旧家の趣と、歴史を歩んだ雛人形を愛でに稲武を訪れてみてはいかがでしょうか?

古橋家本宅新座敷を飾る小川珊鶴雛人形コレクション展

日時:2022年4月1日(金)-3日(日)10:00-16:00
会場:古橋懐古館敷地内 古橋家本宅新座敷(豊田市稲武町タヒラ8番地)
入場料:無料

 
主催:一般財団法人古橋会

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING