EVENT/INFO
EVENT | 暮らしに木のぬくもりを 紀平佳丈「木の器展」
紀平佳丈「木の器展」

豊田市駅前、コモスクエアの1階にある豊田画廊にて、紀平佳丈さんの個展が開催されています。
紀平さんは、豊田市在住で小原地区に工房で制作活動をされています。
 

ヒラヒラ盆

 
紀平さんの作品は、木そのものの素材を生かし、全て手彫りで作られています。
丸みも直線も、繊細に丁寧に彫られおり、手触りがとても滑らかです。
 
暮らしの道具は、時間の経過や使用することにより変化していきますが、紀平さんは「作品を使って育ててほしい」とおっしゃっていました。
 
12日(月)までの会期ですので、お見逃しなく。
 
茶筒



 
紀平佳丈(きひらよしたけ)
‪1982年 愛知県豊田市に生まれる
‪2006年 愛知県立芸術大学彫刻科卒業。‪山梨県の家具工房に6年間勤務、木工の家具や小物を制作
2012年 独立後、地元・小原に工房を構える
2022年 「木のあらわれ 木彫と木工」猿投棒の手ふれあい広場(愛知)
「豊田市制70周年記念 芸術の隣人たち」豊田市市民ギャラリー(愛知)

紀平佳丈「木の器展」

会期:2022年9月7日(水)~12日(月)10:00~19:00 ※最終日は16:00閉場
場所:豊田画廊(豊田市喜多町2-160 コモスクエア ウエスト1F)
問合せ:TEL 0565-37-8567
豊田画廊Instagram

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING