EVENT/INFO
EVENT | 芝生で裸足になって いなかとまちがつながるライブペインティングが街中で開催
第9回いなかとまちの文化祭

今年で9回目を迎える「いなかとまちの文化祭」は、いなか暮らしの人とまち暮らしの人が、マルシェやワークショップなどを通じて、暮らしの豊かさや人と自然のつながりについて一緒に考えたり感じたりする文化祭です。
 
その中のアートプログラムでは、今回の文化祭のテーマ「地に足をつけて生きる」にちなんで、会場のとよしばの芝生の上で、裸足になって絵を描くコーナーを設置予定です。
芝の上に全長約9mのクラフト紙が敷かれ、クレヨンなどで誰でも自由にお絵描きができます。
 
また、豊田市在住のアーティストによるライブペインティングも行われます。こちらは、芝の上にTシャツを広げ、3人のアーティストが順番に描いていきます。
 
 
●だれでもお絵描きコーナー!
開催時間 10:00-15:00
お絵描きのテーマは「とよたのいなかとまち」
●豊田市のアーティストによるライブペイント
開催時間 11:30頃-描き終わるまで
参加アーティスト ①Ruchika ②鎮西勇夫 ③田中あつこ

第9回いなかとまちの文化祭

日時:2020年10月31日(日)10:00-15:00
場所:とよしば(豊田市喜多町2-166)

主催:いなかとまちの文化祭実行委員会
協力:戸田新聞店、愛知県交流居住センター、豊田まちづくり株式会社、豊田市

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT | 古いものにしかない魅力を伝えたいという想いで始まった築100年の古民家「樹木荘」について発起人の六鹿崇文さんにインタビュー
REPORT | 古いものにしかない魅力を伝えたいという想いで始まった築100年の古民家「樹木荘」について発起人の六鹿崇文さんにインタビュー
今回は、豊田市樹木町にある樹木荘のリノベーションを発起した六鹿崇文さんに、築100年の古民家を選んだ理由や樹木荘のコンセプト、今後の展開などお話を伺ってきたので紹介します。   樹木荘と…
EVENT/INFO
EVENT/INFO
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
胡桃手提げ籠・山葡萄手提げ籠 上村健三   「美しき手仕事」をテーマに、豊田市民芸館が近年収集した手工芸品や寄贈を受けた資料を中心に紹介します。 第一民芸館では、日本民藝館展(年に一度…
UP COMING
2024.4.2 tue - 5.31 fri
INFO | とよた+アート=デカス?! あなたの思う「とよた」をアートで伝えてみよう!
INFO | とよた+アート=デカス?! あなたの思う「とよた」をアートで伝えてみよう!
「とよたデカスプロジェクト」は、豊田市内で行うアートプロジェクトの企画案を募集し、その実施をサポートしている事業です。 今年で11回目を迎え、これまで100を超えるプロジェクトが実施され…
2024.4.9 tue - 6.30 sun
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
胡桃手提げ籠・山葡萄手提げ籠 上村健三   「美しき手仕事」をテーマに、豊田市民芸館が近年収集した手工芸品や寄贈を受けた資料を中心に紹介します。 第一民芸館では、日本民藝館…