EVENT/INFO
EVENT | テクノロジーで楽しむ芸術の秋 日常の風景にアート作品が出現
ART IS IN とよた

「ART IS IN とよた」は、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)を使ってアートを楽しむプロジェクトです。トヨタ自動車のアートやデザインに関心がある社員が中心となって自主活動する団体「アート維新」が企画しました。
 
ARを使った展示では、スマートフォン専用アプリを使い、屋外の各会場に設置されたQRコードを読み取ることで、街や自然の中にアート作品が出現します。展示作品は、アート維新メンバーのほか、豊田市ゆかりのアーティストたちが制作し、絵画や彫刻など多彩な表現を観ることができます。
 
豊田市だからこそ生まれた新しい形の展覧会です。
 
 
※とよたデカスプロジェクト2020入選プロジェクト
※VR展示は12月1日(火)から開始

ART IS IN とよた

日 時:2020年11月8日(日)-12月20日(日)
場 所:新とよパーク、とよしば、豊田市美術館、豊田スタジアム、シティプラザ( T FACE )、ペデストリアンデッキ広場、和紙のふるさと、三河湖、武節城址、大井平公園、どんぐりの里道の駅いなぶ
参加費:無料
出品作家:アサイアサコ、柄澤健介、我楽多ねこ、北野佳代、白水ロコ、新宅雄樹、鈴木琢磨、土田友美、中根栄二、Ruchika 、鎮西勇夫、田中あつこ、土井英希、中矢宗大
 
プロジェクトの詳細はこちら→アート維新
 

主 催:アート維新
後 援:豊田市

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING