EVENT/INFO
EVENT | 「人間にとって、ロボットにとって、『生』とは、そして『死』とは…」 鋭く問う衝撃の短編作品を上演
アンドロイド演劇『さようなら』

劇作家・演出家の平田オリザ氏とロボット研究の第一人者である石黒浩氏がタッグを組んだ「ロボット演劇プロジェクト」。人間の俳優に混ざってロボットが舞台に立つ作品づくりを通し、ロボットと演劇双方の可能性を追求する試みです。
 死を目前にした少女に向かって、淡々と詩を読み続けるアンドロイド。少女の死後、行き場を失った彼女(アンドロイド)に待ち受ける運命とは…。人間とロボットの共演による未知のエンターテインメント作品を目撃しながら、鋭い問いに心揺さぶられる約30分間。
 あいちトリエンナーレ2010で初演を行い、国内外でも多数の上演を重ね大ヒットとなり、演劇界だけでなく、ロボット研究、言語教育、日本文化としての紹介など他分野で注目を集めている作品です。上演後には、平田・石黒氏の両氏の対談もあります。劇場に、行かれてみてはいかがでしょうか。

アンドロイド演劇『さようなら』

日 時  :2020年12月6日(日) 13:00、16:00
*アンドロイド演劇「さよなら」(約30分)、平田オリザ氏と石黒浩氏の対談(約60分)
会 場  :豊田市民文化会館 小ホール(豊田市小坂町12-100)
料 金  :全席指定 一般3,000円 25歳以下1,500円(当日券は料金変更有)
申込み  :豊田市民文化会館 TEL0565-33-7111

主 催  :公益財団法人豊田市文化振興財団
後 援  :豊田市、豊田市教育員会

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING