EVENT/INFO
EVENT | 「人間にとって、ロボットにとって、『生』とは、そして『死』とは…」 鋭く問う衝撃の短編作品を上演
アンドロイド演劇『さようなら』

劇作家・演出家の平田オリザ氏とロボット研究の第一人者である石黒浩氏がタッグを組んだ「ロボット演劇プロジェクト」。人間の俳優に混ざってロボットが舞台に立つ作品づくりを通し、ロボットと演劇双方の可能性を追求する試みです。
 死を目前にした少女に向かって、淡々と詩を読み続けるアンドロイド。少女の死後、行き場を失った彼女(アンドロイド)に待ち受ける運命とは…。人間とロボットの共演による未知のエンターテインメント作品を目撃しながら、鋭い問いに心揺さぶられる約30分間。
 あいちトリエンナーレ2010で初演を行い、国内外でも多数の上演を重ね大ヒットとなり、演劇界だけでなく、ロボット研究、言語教育、日本文化としての紹介など他分野で注目を集めている作品です。上演後には、平田・石黒氏の両氏の対談もあります。劇場に、行かれてみてはいかがでしょうか。

アンドロイド演劇『さようなら』

日 時  :2020年12月6日(日) 13:00、16:00
*アンドロイド演劇「さよなら」(約30分)、平田オリザ氏と石黒浩氏の対談(約60分)
会 場  :豊田市民文化会館 小ホール(豊田市小坂町12-100)
料 金  :全席指定 一般3,000円 25歳以下1,500円(当日券は料金変更有)
申込み  :豊田市民文化会館 TEL0565-33-7111

主 催  :公益財団法人豊田市文化振興財団
後 援  :豊田市、豊田市教育員会

PICK UP
EVENT/INFO
EVENT/INFO
INFO | 農村舞台アートプロジェクト2023 豊田市旭地区の農村舞台展示するアート作品の募集がはじまります
INFO | 農村舞台アートプロジェクト2023 豊田市旭地区の農村舞台展示するアート作品の募集がはじまります
農村舞台は、江戸時代後半から昭和の初めにかけて、農山村の娯楽の場として、神社の境内などに建てられた舞台です。 かつては神事や地歌舞伎などの芸能が演じられてきましたが、どの地域も徐々に活用の回数が減っ…
EVENT/INFO
EVENT/INFO
EVENT | 地元アーティストとアートを体験する「おいでんアート体験フェア」が開催
EVENT | 地元アーティストとアートを体験する「おいでんアート体験フェア」が開催
おいでんアート体験フェアは、子どもたちに文化や芸術を気軽に体験してもらおうと、豊田市文化振興財団が豊田文化団体協議会の協力のもと、毎年開催しているフェスティバルです。 アートや工芸、音楽や舞踊などの…
UP COMING
募集期間:2023.2.5 sun - 3.5 sun
INFO | 農村舞台アートプロジェクト2023 豊田市旭地区の農村舞台展示するアート作品の募集がはじまります
INFO | 農村舞台アートプロジェクト2023 豊田市旭地区の農村舞台展示するアート作品の募集がはじまります
農村舞台は、江戸時代後半から昭和の初めにかけて、農山村の娯楽の場として、神社の境内などに建てられた舞台です。 かつては神事や地歌舞伎などの芸能が演じられてきましたが、どの地域も徐々に活用…
2023.2.19 sun
EVENT | ジュニアオーケストラ、少年少女合唱団、ジュニアマーチングバンドの3団体が1日限りの響演!
EVENT | ジュニアオーケストラ、少年少女合唱団、ジュニアマーチングバンドの3団体が1日限りの響演!
豊田市の青少年音楽3団体のジョイントコンサートが、2月19日(日)に開催されます。 このジョイントコンサートは、普段は別々に活動する3団体がそれぞれの演奏を発表するほか、このコンサートの…
2023.2.25 sta - 5.21 sun
EVENT | 35歳の若さでこの世を去ったアーティスト・徳冨満の回顧展が愛知県美術館と豊田市美術館で同時期開催
EVENT | 35歳の若さでこの世を去ったアーティスト・徳冨満の回顧展が愛知県美術館と豊田市美術館で同時期開催
《2D-or-not-2D》1993年   2001年に35歳の若さでこの世を去ったアーティスト・徳冨満(1966-2001)の回顧展が愛知県美術館と豊田市美術館で同時期開催…