REPORT/COLUMN
REPORT|とよたブックマーケットに「TPAC」が出店しました!
森かん奈(TAP magazine 編集部)

11月12日(日)、豊田市の鞍ケ池公園で開催された「とよたブックマーケット」に出店してきました。
この日はTAP magazineによる「TPAC」の開催です。

「TPAC」とは、とよたぷらっとアートセンターの略称です。
2018年3月からとよた市民アートプロジェクトの拠点となっていた「とよた大衆芸術センター(Toyota Public Art Center[TPAC])」が2020年3月に閉館。
その年の夏から、特定の場所を持たず豊田市内各所にぷらっと出かけ、1日限定で開設する「アートと人、場所に出会いに行く、動くアートセンター」の不定期での開設を始めました。

「とよたまちなか芸術祭2022」でも開催された「とよたブックマーケット」。
昨年度も「TPAC」として出店させていただきました。
当日は大盛況で、たくさんの本好き、アート好きの皆様と出会えました。
今年のブックマーケットでも、そんな素敵な出会いを求めて、いざ出店です。

会場は鞍ケ池公園の芝生広場です。
昨年度とは雰囲気がガラリと変わり、自然の中で開催されるブックマーケット。
店舗や屋内でぎっしり本に囲まれるのも魅力的ですが、アウトドアな環境でたくさんの本と対峙するのも、これまた爽やか。

約40店のお店が立ち並び、11時からブックマーケットがスタート。
当日は11月らしい冷え込みが朝から続き、フードエリアのホットドリンクを片手にじっくり本選びをするお客様の姿が見えました。
TAP magazineのタブロイドを見ながら、「いつも拝見しています!」という読者の方々にも出会えました。

TAPブースでも古本を販売しつつ、お客様と交流。
中にはTAPライターの活動やライター講座に興味を持ってくださる方も!TAPの進出を実感です…!

今回もたくさんの出会いが生まれた、TPAC。
次回の開催も楽しみにお待ちください。
TAPmagazineブースにお越しいただいた皆様、ありがとうございました!

森かん奈(TAP magazine 編集部)

博物館や古美術商など様々な視点からアートを見てきました。博物館とおでんは似ているような気がします。
いろんな人やモノが一緒に存在している空間って面白い、その面白さを伝えるにはどうしたら良いか。
日々ゆるゆると考えています。おでんの出汁の様な存在になりたいです。

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT | 古いものにしかない魅力を伝えたいという想いで始まった築100年の古民家「樹木荘」について発起人の六鹿崇文さんにインタビュー
REPORT | 古いものにしかない魅力を伝えたいという想いで始まった築100年の古民家「樹木荘」について発起人の六鹿崇文さんにインタビュー
今回は、豊田市樹木町にある樹木荘のリノベーションを発起した六鹿崇文さんに、築100年の古民家を選んだ理由や樹木荘のコンセプト、今後の展開などお話を伺ってきたので紹介します。   樹木荘と…
EVENT/INFO
EVENT/INFO
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
胡桃手提げ籠・山葡萄手提げ籠 上村健三   「美しき手仕事」をテーマに、豊田市民芸館が近年収集した手工芸品や寄贈を受けた資料を中心に紹介します。 第一民芸館では、日本民藝館展(年に一度…
UP COMING
2024.4.2 tue - 5.31 fri
INFO | とよた+アート=デカス?! あなたの思う「とよた」をアートで伝えてみよう!
INFO | とよた+アート=デカス?! あなたの思う「とよた」をアートで伝えてみよう!
「とよたデカスプロジェクト」は、豊田市内で行うアートプロジェクトの企画案を募集し、その実施をサポートしている事業です。 今年で11回目を迎え、これまで100を超えるプロジェクトが実施され…
2024.4.9 tue - 6.30 sun
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
EVENT | 手仕事の美しさを新収蔵品と寄贈された資料で紹介する展覧会「美しき手仕事」が開催
胡桃手提げ籠・山葡萄手提げ籠 上村健三   「美しき手仕事」をテーマに、豊田市民芸館が近年収集した手工芸品や寄贈を受けた資料を中心に紹介します。 第一民芸館では、日本民藝館…