REPORT/COLUMN
INTERVIEW|山岸大祐
山岸大祐

2019年10月1-14日まで豊田市美術館内にある又日亭で開催される、アートデイズとよた2019「Toyota Specific」を企画した山岸さんにインタビューしました。
 
-Recasting Club(とよた市民アートプロジェクト)に参加したきっかけを教えてください。
最初のきっかけは知人がRecasting Clubという活動が始まるんだよと教えてくれた事です。
それでRecasting Clubには最初の説明会から参加していました。第1回目のイベント(On Stage! On High School)では旧豊田東高等学校の武道館で色々な屋台が並ぶ中、小皿作りの体験ワークショップをやりました。
具体的なメンバー活動としての始まりはそこで、出来る時はなるべく参加してます。
 
-今年はとよたデカスプロジェクトにも入選されていますね。
以前はデカスに応募するというビジョンは持っていたわけではないです。
ただ、学芸員資格をもっていたりで、将来キュレーションをしたいという思いは学生の時から持っていました。
 
-豊田市で活動することについての想いをお聞かせください。
アートデイズには豊田市出身のアーティストが出展しています。
豊田市民の方には、作家が豊田市出身という事をひとつの鑑賞のきっかけにして、そこからアートに興味を持っていただけると嬉しいです。
アートがもっと気軽になる状況が豊田市全体に根付いていったら嬉しいですね。
 

アートデイズとよたの様子

アートデイズとよたの様子

 
※タブロイド版「TAP MAGAZINE 10月号」から転載

山岸大祐

1984年豊田市生まれ。陶芸家。
ウェブサイト

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING