EVENT/INFO
EVENT | 農村舞台寶榮座で吉例七夕歌舞伎が開催 ハラプロジェクト『不如帰(ホトトギス)』を上演
吉例寶榮座〈七夕歌舞伎〉ハラプロジェクト公演

豊田市怒田沢町にある農村舞台寶榮座(ほうえいざ)は今年で築127年。豊田で唯一、人力で舞台を回す車輪回転式の『廻り舞台』がある農村舞台です。
吉例として開催される七夕歌舞伎では、名古屋を拠点に活動するハラプロジェクトによる『不如帰』が上演されます。
 
過去のREPORTはコチラ
 
『不如帰』は文豪・徳冨蘆花(とくとみ ろか)の大ベストセラー小説。
愛によって結ばれた浪子と武男が様々な柵(しがらみ)により難儀する、激動の明治時代を舞台とした悲哀物語。原智彦、岩田幸昌の共同台本により、柵として登場する人々も滑稽で可笑しく描かれています。
 
当日は足助巴一座や和のん(松平町)による出店もあるそうです。
今年の開催は七夕当日。大自然の中で行われる年に一度の七夕歌舞伎、ぜひ観劇してみてはいかがでしょうか?
 
 
【原作】徳冨蘆花
【共同台本】原智彦・岩田幸昌
【出演】
弁士:原智彦
片岡浪子:まのさわこ
川島武男(海軍少尉・浪子の夫):進智恵子
お慶(武男の母):マユズミヨシズミ
千々岩安彦(武男の従兄弟):若園新介
山木兵造:神谷浩
幾(浪子の乳母):藤井朋子
片岡陸軍中尉(浪子の父):岩場啓之
片岡婦人:尾國裕子
【構成・演出・美術・衣装】原智彦
【音楽・PA】原田楠実子 【灯り】鈴木彩香
【舞台監督】マユズミヨシズミ【ハラプロ画報(当日パンフレット)】森井早紀
【カツラ】神田カツラ 【衣装・小道具・振付・宣伝】ハラプロKID方式
【チラシ画】原智彦

吉例寶榮座〈七夕歌舞伎〉ハラプロジェクト公演

日時:2024年7月7日(日) 開演14:00 (開場13:00)※小雨決行
場所:農村舞台寶榮座 諏訪神社境内(豊田市怒田沢町平岩5)
入場料(全席自由):3,000円(中学生以下無料)
申込・問合せ:農村舞台寶榮座協議会(担当:加納)
TEL:090-5875-9717  mail: y-kano-7329@asuke.aitai.ne.jp

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT | 豊田市の神社を巡るシリーズ#4 野見神社~坂の上の相撲と土師氏の祖~
REPORT | 豊田市の神社を巡るシリーズ#4 野見神社~坂の上の相撲と土師氏の祖~
数年前、陣中町にあった閉鎖前の郷土資料館へ遊びに行ったときのことでした。 尾張地方出身の夫が資料を見ながら、 「へぇ、野見町って『ノミノスクネ』からきているのか」 と、のたまいました。 &nb…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
INTERVIEW | デザイナー・山岸美紗さん
INTERVIEW | デザイナー・山岸美紗さん
今回は浦野友理さんからご紹介いただきました、デザイナーの山岸美紗さんです。 インタビュー当日は「100年後の豊田市に残したいものはなんですか?」をテーマにした『勝手にミュージアム』(2024/5/2…
UP COMING