REPORT/COLUMN
REPORT | 12月18日とよたぷらっとアートセンター[TPAC]開催レポート 「結び目でつくるフェルトのクリスマスリース制作」に出没しました!
結び目でつくるフェルトのクリスマスリース制作

昨年12月18日(土)に「とよたぷらっとアートセンター[TPAC]」*を開催しました。
この日は、豊田参合館に出没!
豊田市制70周年記念事業の一環として行われている豊田市ゆかりのアーティストと作品をつくるワークショップの1つ「結び目でつくるフェルトのクリスマスリース制作」にお邪魔してきました。
 

 
このワークショップでは、豊田市生まれのファッションデザイナー・日下宗隆さんが講師をつとめました。
 
日下さんは、2012年に名古屋学芸大学大学院メディア造形専攻修士課程を修了。
2017年、ファッションコンテスト「装苑賞」で佳作2位を受賞。
2021年には「令和3年度豊田市文化振興財団豊田文化新人賞」も受賞されています。
 

会場には日下さんの作品も展示されていました

 
日下さん考案のワークショップでは、まず紐に色とりどりの短冊状のフェルトを結び付けた後、紐を輪っかにしリースのベースを作ります。その上にビーズなどのパーツをボンドでくっつけて、飾り付けをし、クリスマスリースを完成させます。
 
参加者は、意外にも、たまたま通りかかった、という方が多く、日下さんが作った見本リースの可愛いらしさに惹かれたようです。
 

 
小さなお子さまも、自分でフェルトの色を選び、順番に一つずつ結び付けていました。
パーツをボンドで貼り付けるときには、手についたボンドがカピカピになっていました(笑)が、「リボンはここにつける!」と自分で配置を決めることを楽しんで、自由にのびのびと制作していました。
 
会場にはさまざまなパーツが並ぶ

 
「自分で作ったアート作品を自宅に飾る」ことができ、
アートもアーティストも身近に感じることができるワークショップとなっていました。
 

 
この豊田市ゆかりのアーティストと作品をつくるワークショップは、1月と2月にも開催される予定です。
豊田市ゆかりのアーティストとお話ししながら、自分のお気に入りの作品を作ってみてはいかがでしょうか?
 
 
とよたぷらっとアートセンター[TPAC]*とは

結び目でつくるフェルトのクリスマスリース制作

日時:2021年12月18日(土)、19日(日)11:00-17:00
※取材は、12月18日(土)午後
場所:豊田参合館1階アトリウム(豊田市西町1-200)
 
「豊田市郷土作家美術品購入事業 市民参加プロジェクト」
 
主催:豊田市生涯活躍部文化振興課

 
安井友美(TAP magazine 編集部)
高校時代、演劇部に入ったことをきっかけに舞台芸術や現代アートに興味をもつ。
ぽちぽちと鑑賞活動をしていたら、いつのまにか働く側に。
いつまでたってもなぜだか新人。
演劇、ダンス、現代アート、音楽、お祭り、伝統芸能などなど、ワクワクの海は広大。

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
挙母ブルー|秋分(9月23日・黄経180度)
 歩き疲れて立ち止まるように、からっぽになっていた。  展覧会の会場や作業場として使っていた川べりの古い家が老朽化で取り壊され、行きつけになりかけていた近所の中華料理屋が閉店し、観念的な意味あいにお…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
REPORT|全120冊が一挙公開!豊田市民芸館『雑誌「工藝」の美』
7月上旬、豊田市民芸館で開催された 『雑誌「工藝」の美』の取材へ行ってきました! 訪れた日は39度の猛暑でしたが、民芸館のある場所は木陰がとても涼しく、暑さで煮えたぎった気持ちを癒してくれます。…
UP COMING