REPORT/COLUMN
INTERVIEW | この土地で作品をつくり続けていくということ 美術作家・阿部多為さん
美術作家・阿部多為

今回のインタビューは、阿部多為(たすけ)さんです。
阿部さんは現在、愛知県立芸術大学に通う彫刻科2年生。
昨年3月、阿部さんは母校でもある杜若高校を会場に、同校の卒業生や友人に声をかけ『aberration』を企画し、3年生が卒業した後の教室を使用して展示を行いました。
第1回『aberration』の展示REPORTはこちら!
 
 
今年の3月も同会場で『aberration THE 2ND』を企画しているそうです。
展示のことを始め、阿部さんの活動についてお話を伺いました。
 
-よろしくお願いします。前回の『aberration』の反響はどうでしたか?
テレビニュースで取り上げられたことが大きかったですね。
近所の方も見てくれていて、予備校で教えている生徒も「先生出ていましたね!」と言ってくれました。
(※阿部さんは現在、河合塾予備校で講師もしています。)
前回は在校生と保護者のみしか参加できませんでしたが、今回は予約制に変わり一般の方も鑑賞することができます。
また出品するメンバーに予備校で教えていた元生徒も加わり、展示も昨年とは違う教室で行う予定です。
 
-それは楽しみですね!阿部さんは杜若高校を卒業し、予備校時代を経て愛知県立芸術大学へ進まれたそうですが、阿部さん自身が美術の道に進むきっかけとなったのは?
大学受験については、高校1年生の時から先生に「早く取り掛かったほうがいい」とプレッシャーをかけられていました。笑
「推薦を受けるにしても、早くやらないとやばいぞ」と。
高校3年生の時は予備校に週6で通っていましたね。学校が終わってすぐ電車に乗って名古屋へ行って…と大変でした。
高校を卒業してからは東京の予備校に通っていたこともあり、そこで新しい繋がりも生まれ、今では東京、金沢、沖縄と各地に友人がいます。
各地に友人がいると、お互い展示に誘ったりすることができるのでありがたいなと思います。
 

予備校時代の作品

 
-前回の『aberration』でも、阿部さんの予備校時代の同期の方が出品されていましたね。
学業もしながら、教えている予備校も現在受験シーズン、また「aberration THE 2ND」の準備もあるので今とても忙しい時期だと思いますが(※インタビュー時は1月末)阿部さんの作品の展示の予定はありますか?

今回の『aberration』には僕も作品を展示します。
今はとても忙しい時期なので、なかなか自分の作品を作ることは難しいですが、3年生になればもう少し自由に制作できる時間が増えるので、その機会に色々作りたいと思っています。
今構想しているのは写真作品だったり、獣道に作品を置いてそれを猪に壊してもらうとか…。笑 
豊田に住んでいる限り、この土地で作品を作っていこうと思います。
 
《想定されるミクロマクロⅡ》

 
-今後の阿部さんの作品が楽しみになってきました。ちなみに阿部さんは豊田にはどんなイメージがありますか?
豊田は他に類を見ないおもしろい街だなと思います。
住んでいる時は気がつかなかったのですが、豊田の街を一度離れて暮らしたことで一層感じました。
生活の場と仕事の場がグラデーションではなく道一本ではっきりと分かれている。
工場地帯や社員寮の多さとか、お金の循環、出勤のことを考えた道路づくり、働くために街がシステム化されているところがあって、それが面白いなと思うし、それを何か作品に反映できたらと思っています。
豊田は作品を制作する場所には困らないですが、発表できる場が少ないような気がします。
美術館では立派すぎるし、展示するのにちょうどいい場所が少ないなと。そこで高校での展示を企画しました。
「やっていいよ」と相談に乗ってくれた先生方には、本当に感謝しています。
 

 
-3月に開催される『aberration』の詳細は近々TAP-magazineのEVENT記事でアップする予定です。
予約方法など、興味がある方は是非チェックしてみてください!阿部さんの今後の活躍も楽しみにしています。
ありがとうございました!

 
『aberration THE 2ND』の情報はコチラ

美術作家・阿部多為

豊田市のお気に入りの場所
初めて行った美術館が豊田市美術館。このクオリティが当たり前と思っていましたが、他県のいろんな美術館も行くようになり、改めてすごいなと思いました。
企画も行きたいと思う展覧会ばかり開催されていて、地元でよかったなと思います。

 
取材:森井早紀(TAP magazine 編集部)
アンダーグランドな音楽と美術と映画をこよなく愛すちょっと変わった人。
橋の下世界音楽祭に衝撃を受け、豊田の街に魅力を感じ始める。
自身も作家活動を行なっており、2020年に豊田市美術館ギャラリーで自ら企画したグループ展『HELL THE TRIP』を開催。
豊田の魅力を発信しながら、何やらおもしろいことを企んでいます。

PICK UP
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT|豊田市の神社を巡るシリーズ#2 守綱神社~寺部城址~守綱寺
REPORT|豊田市の神社を巡るシリーズ#2 守綱神社~寺部城址~守綱寺
「市内にはどれくらいの神社があるんだろう?」と、つらつらウェブサイトで検索していたら、見たことのある字面を発見しました。 寺部町にある「守綱神社」 もりつな。 人の名前っぽい。 どこか…
REPORT/COLUMN
REPORT/COLUMN
REPORT | 建築好きがフランク・ロイド・ライト展に訪れた感想
REPORT | 建築好きがフランク・ロイド・ライト展に訪れた感想
フランク・ロイド・ライトはアメリカ出身の建築家で、ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと並び「近代建築の三代巨匠」と呼ばれています。   日本への関心も強く「帝国ホテル二代目本…
UP COMING
1.20sat-3.17sun
EVENT|民芸の森で「水中ごっこ 川澄綾子展」が開催されます
EVENT|民芸の森で「水中ごっこ 川澄綾子展」が開催されます
民芸の森の屋内外にて、美術家・川澄綾子さんの個展が開催されます。 手漉きの和紙を用いたインスタレーション作品など約30点が展示されます。 川澄さんには、TAP magazineのイ…